2015.02.03更新

身近な人が亡くなったとき、相続問題が持ち上がります。
このときに覚えておいてほしいのは、相続されるのは財産だけではないということです。
もしも亡くなった人が借金を抱えていれば、それも相続の対象となってしまうのです。

もしも財産と借金を合計して、借金の方が多いのであれば、相続放棄を検討するのも一つの方法です。
相続放棄の手続きをとれば、最初から被相続人ではなかったという扱いになります。
この手続きは負債がなくても可能ですが、いったん受理された後の取り消しは難しいので、慎重に決定しましょう。

奈良周辺地域で相続放棄について迷ったら、ぜひ当事務所にご相談ください。
まずは電話での相談で大丈夫です。
丁寧に手続きについてご案内します。

投稿者: しもだ司法書士事務所

生前贈与・遺言書 会社登記
抵当権抹消 しもだ司法書士 BLOG
当事務所は各専門家との強固なネットワークからどんな案件にもワンストップサービスで対応します!